美脚の敵、O脚とは?

通常、人が姿勢良く、真っ直ぐに立った時、前方から見ると、両ひざが付くことが普通の脚と言えますが、前から見た脚の形が、両ひざが付かず、開いた状態となっていて、例えると、英語のOのように見える脚のことを一般にはO脚と呼んでいます。
そして、脚の骨は、通常、骨盤から真っ直ぐに伸びているのですが、姿勢が悪かったり、歩き方が原因となり、脚の付け根の骨が外側に廻ってしまうことがありますが、このような脚となる場合では、ほとんどは、脚の骨自体がO型に湾曲しているという訳ではなく、普通は、骨と骨との接合部の歪みが原因となって起こる場合が多いと言われています。
そして、このような骨の接合部の歪みをそのままにしておくと、やがて、膝や足首などにも影響を与えるようになり、また、膝や足首が外側に回ってしまうことにより、足に大きな負担がかかり、とても痛め易い状態にもなってしまいます。
このような脚の場合では、単に、スタイルが悪く見えるという外見的なことだけではなく、実際に、骨に負担がかかるため、筋肉のバランスも悪くなり、ひいては、健康状態にも影響を与えることとなります。
そのため、身体全体の骨が正しい位置にあり、バランスの良い筋肉をつけるためにも、常に正しい立ち姿や、座り方、そして、歩き方や姿勢を取ることが大切で、それが、健康や美しい脚のために、とても重要なこととなります。